動画勢によるスマブラ大会の魅力を伝えるブログ

スマブラを愛する動画勢による大会紹介ブログです。スマブラにおける最も楽しいコンテンツのひとつ、大会観戦の魅力を伝えていきたいです。

MENU

【優勝はザクレイ!】ウメブラSP2、結果と見どころ【スマブラSP】

 

ウメブラSP2

f:id:ks19930323:20190112205257p:plain

ウメブラHPより

ウメブラとは、うめきさん主催の日本最大規模のスマブラトーナメント。詳細は、ウメブラHPへどうぞ。

#とんがらし麺で今年も行くぜウメブラSP2

概要

スマブラSPで2回目となるウメブラ。参加者は512人と前回に引き続き大規模な大会となった。今回はダブルエリミネーション方式でトーナメントは行われ、よりプレイヤーの実力が出やすくなった。大会配信は同接6000人を超え、多くの人が注目する大会となった。

冷静に考えて1日で512人のダブルエリミってすごすぎじゃないですか?

 

・アーカイブ

https://www.twitch.tv/shi_gaming

・トーナメント表

Umebura SP2 | Brackets

 

見どころ紹介

敗者側準々決勝: がくと vs HIKARU

f:id:ks19930323:20190112225027p:plain

がくとは前作同様ネスを使用。勝者側一回戦で敗れてから驚異的なルーザーズランをみせ敗者側準々決勝まで上がってきた。

対するHIKARUもこの試合では前作同様ドンキーを使用。

ネスの復帰にドンキーの下B

ネスの復帰の厄介な択、PKサンダーを何かに当てて崖をつかむやつに撃墜のリスクをつけている。ネスとしてはこれを見せられてはたまったものではないだろう。

PKサンダーアタック(再生時間指定済み)

ゲーム1の2ストック目。がくとの得意技、PKサンダーアタックで撃墜。相手の暴れにうまく当たった形となった。ドンキーの空Nは堅いイメージがあったがこうなってしまうようだ。前作から決めまくってはいたが、今作はやたら当たるような気がする。

がくとネスはこれで逆転するも、復帰阻止でドンキーの上Bに巻き込まれ復帰をミスしてしまいこのゲームを落とす。

PKサンダーアタック2(再生時間指定済み)

またもやPKサンダーアタックを決めるがくとネス。帯の判定が思った以上に広いようだ。

 

DAから空後(再生時間指定済み)

確定している?様子。あのDAから殺せるのはなかなかに強いような・・・。

 

ジャイアントパンチ!!!(再生時間指定済み)

これぞHIKARUドンキーといったプレイ。相手のジャンプにジャイアントパンチ!!!流れを引き寄せる見事な撃墜の選択肢。

このままの勢いに乗ってHIKARUドンキーの勝利となった。

 

敗者側準々決勝:やから vs ZAKI

f:id:ks19930323:20190112225118p:plain


やからはスマブラ4同様フォックス。ZAKIはもちろんデデデ。ZAKIはこれまでにうめきやれあを破ってここまで上がってきている。デデデ、強いのか!?

デデデの崖攻め(再生時間指定済み)

ゴルドーを絡めたデデデの崖攻めはスマブラ4から健在。崖上にゴルドーを設置し、ゴルドーを嫌がり下から復帰しようとしたフォックスの上Bにメテオを叩き込んだ。非常に面白い選択肢。

 

ジャスガから横スマ(再生時間指定済み)

 見た目がかっこよすぎるシリーズ。ジャスガは意図していなかった可能性もあるがその後の横スマの判断が完璧。

僕はジャスガが成功すると、自分がびっくりして逆に焦ってしまいます。

 

ガーキャン上スマ(再生時間指定済み)

デデデの空前着地にガーキャン上スマ。見事な反応を見せ最大リターン。やからの勝利となった。

 

敗者側決勝: しゅーとん vs HIKARU

f:id:ks19930323:20190112225213p:plain


HIKARUは勝者側でしゅーとんに落とされているので、リベンジ戦となる。

 

紫ピクミンでの復帰阻止(再生時間指定済み)

深いところまで追いかけて紫ピクミンを投げての復帰阻止。解説のにえとのプロも述べているが今作は回避が一回しかできない仕様のせいで非常に強力な復帰阻止の択となっているようだ。

 

ピクミンを虐殺するドンキーの空後(再生時間指定済み)

かわいそうなピクミン。空後で3匹同時に死んでしまった。

なぜかアメボウズのトラウマを思い出してしまいました。助けてください。

 

下強から空中上(再生時間指定済み)

ゲーム1の最後のシーン。下強から空中上の連携で撃墜。ゲーム1はしゅーとんが圧倒する結果に。

 

開幕から時間を稼ぎに行くHIKARUワリオ(再生時間指定済み)

ゲーム2、HIKARUはキャラをワリオに変更。開幕からおならをためるために逃げつつ時間を稼ぎに行く戦法をとる。勝つためには妥協しないその姿勢、素晴らしい。

 

空前からの読み合いでおなら(再生時間指定済み)

ワリオの空前からの読み合いでおならを当てたシーン。Tweekでも見たやつ。本当にワリオの空前は強い。対処が相当難しそう。

HIKARUはそのままリードを守り切り、ゲーム2を勝利する。

 

 

しゅーとんの超火力(再生時間指定済み)

しゅーとんピクオリの特徴の一つ、超火力。紫投げから68%を稼いでいる。恐るべし。

 

最後は(再生時間指定済み)

最後はワリオの横スマをその場回避で透かして上スマで反撃し撃墜。HIKARUらしい良い横スマだったが、しゅーとんが一枚上手だった。

試合はしゅーとんの勝利。

 

最終決戦:ザクレイ vs しゅーとん

f:id:ks19930323:20190112225405p:plain


日本で今、一番注目されているカードであろう。最終決戦はウメブラSP王者とスマバトSP王者のカードとなった。結局一番順当な決勝のカード。

 

ザクレイのうますぎる崖(再生時間指定済み)

相手の上強暴れを読んでから下強。そして次の崖つかまりに横強下シフトを合わせ撃墜。先週のスマバトでも目立ったが、崖をつかむ瞬間を狙うのが非常にうまい。これだけ精度高く崖を狩られるとどうしようもない感がある。

 

あまりにも熱すぎる撃墜の攻防(再生時間指定済み)

ヤムチャ視点シリーズ。両者、うますぎ問題発生。しゅーとんは相手のDAを読み下Bアーマーで耐え横スマを仕込むもわずかに間に合わず。それに対しザクレイは超反応でガーキャン上スマをするもこれもわずかに間に合わず。最後はしゅーとんの様子見ジャンプに空後を差し込みザクレイの勝利。なんとも楽しそうにスマブラをしている二人だ。

スマブラの面白さがつまっているシーン。

動画をコマ送りにすることで何とか理解することができました。

最後は(再生時間指定済み)

ザクレイは相手を浮かした後、空下暴れを読み切りしっかり横から空後を合わせ撃墜。ザクレイの勝利。

 

f:id:ks19930323:20190112225707p:plain

 

結果

ザクレイが優勝。ウメブラは初優勝で、勝者側から落ちずに完全優勝。攻めのセンスと崖のうまさが冴えわたっていた。これでスマバトSPに引き続き2連覇。しゅーとんは惜しくも準優勝で、ウメブラ2連覇とはならなかった。また、いまいち大きな大会で結果を残せていなかったやからが4位に入った。

TOP8を見てみると、8人中5人がいわゆるプロプレイヤーとなっている。強いプレイヤーはこれからどんどんプロ化していくのだろうか。

にしても2月のGENESIS6が楽しみだ。